はざま治療院の理念(ごあいさつ)


はざま治療院は、開業当初より『心と身体のリハビリ』を基本理念として、在宅訪問をしながら地域医療のニーズに応えてまいりました。
『こんな治療師が身近にいれば・・・』、『こんな地域に住んでいたい!』と、皆さまの声をもとに私の理想とする地域医療の姿に少しでも近づけるよう、職員と共に考えながら、同時に患者皆さまの不安を少しでも解消できる「セカンドオピニオン」としての役割も担ってまいりました。
現在では、介護者が抱える問題の解決方法をアドヴァイスさせていただいたり、在宅療養者の治療を通して『こころのケア』も視野に入れながら、かかりつけ医師や介護支援事業の職員様などと連携をとり、患者さんの負担の少ない保険診療の範囲内で、在宅訪問による生活リハビリマッサージを行っています。

具体的には、病院のような特殊な機材が無い生活環境の在宅治療では、普段使っているイスやテーブル、タンスなどを用いて機能回復運動(生活リハビリ)を行っています。
私の考えるリハビリの本質は、単に第1の目標(機能の復帰)に到達することだけを意味するのではなく、患者の症状や程度に応じて異なりますが、「本人の残存能力を最大限に発揮し、他人の手から少しでも放れることが出来る生活状態になることである」、と考えています。 

そうした考え方を前提に、例えば、寝たきりの状態を予防するためには・・・

  • 原因疾病(脳卒中、骨折等)や誘因(運動不足、精神活動や社会活動の低下)の発生を予防すること。
  • 原因疾病が発生した場合にリハビリテーションを早期に開始して障害を予防すること。
  • 障害が固定してしまった後も機能維持のためのリハビリテーションにより悪化を予防すること。

が重要だと、考えます。

結果とともなうプロセスも大切
それにはやはり、医師を初めとする介護支援事業の方々との相談が不可欠です。同時に職員の技術の向上、患者様の状態や家族構成の把握なども重要な要素で、スタッフ(職員)には患者様との信頼関係を築くためのコミュニケーションを大切にしてもらっています。(結果がともなうプロセスはとても大切なものだと考えています)
治療技術においては常に治療のエキスパートを目指し、そのためにクオリティの高い技術を習得する努力をし、個人個人がレベルアップを目指し、常に成長することを目標としています。
患者さまが、より快適でより楽しい生活を送ることが出来るよう、それぞれの担当者会議や個別相談などにも出来るだけ協力し支援させていただきます。
更に、(QOLの向上)介護保険を利用されて見える他の医療機関・介護事業機関との連携を大切にし、より良いサポートを患者様に提供いたします。
また在宅訪問は患者さま宅から患者さま宅へと訪問するため、安全・安心・清潔な治療を心がけます。
介護・リハビリ全般に関して、具体的にお困りの際は、是非一度ご相談ください。
皆さまからのご連絡をお待ちいたしております。

Copyright(C)2008 HAZAMA-Chiryouin. All rights reserved.

在宅訪問生活リハビリマッサージ・施設運動機能訓練師の「はざま治療院」