2017 / 10 / 18
10月も半ばになり、肌寒くなる季節となって参りました。
皆様、体調はいかがでしょうか。

今回は、鍼灸マッサージ科の学生を対象とした
【つくし塾】開催のお知らせです。

12月9日(土)の13:00〜16:00
会場は フェールMAMI で行います。

在宅・訪問マッサージの実情をお伝えさせていただくと共に、治療師の土台を形成する「三本柱」について講義をさせていただきます。

講義後には、実際の治療現場を生で見ていただく機会を設けております。

詳細は、上のバーナーをクリックしていただければつくし塾のホームページへご案内いたします。

奮って御参加ください!!
  2017 / 7 / 21
真夏日になると毎年、熱中症で搬送されたというニュースが多く話題になります。熱中症にならないよう予防を考えると、『水分補給』を思い浮かべる方が多いと思います。しかし熱中症を予防するには塩分も同時に補給しないといけません。水分・塩分を補うには手軽なスポーツドリンクが良いですね。また水分補給を行うにあたって、緑茶やウーロン茶は避けた方が良いです。なぜなら、コーヒーなどにも含まれているカフェインや糖分を多く含むので過剰摂取することで利尿作用を促してしまいます。
★また食事で考えると、5大栄養素をまんべんなく摂取できるようなバランスのとれた食事が良いとされています。軽い食事で済ませていると、体力が低下し、暑さへの抵抗力が低くなってしまうので、しっかり食べるようにして下さい。スイカやきゅうりなど夏が旬の食材には、疲労回復を促すビタミンB1が含まれていたり、クエン酸・汗で失ってしまうカリウム等を補います。また体を冷やし、食欲を増進させる働きを持つ物が多いので、旬の物を積極的に食べるのがオススメです。
廣田
  2017 / 6 / 11
もう梅雨に入りましたね。
梅雨の時期は、体調不良になる要因が3つあります。それは、
@気圧A湿度Bホルモンバランスです。
気圧が低下することで身体の内圧が上昇します。すると膝、足首、腰、首、頭など関節を中心に影響を受けやすくなります。また湿度が原因で体内の水分量が増加し悪影響を与えます。身体の倦怠感、食欲不振、下痢、胸の苦しさなどを感じることがあります。晴れ間が少ないことでセロトニンの分泌が滞りがちになり、ホルモンバランスが乱れることにより気分が優れないと感じることが多くなります。
体も動かしづらくなる時期ですが、できるだけ身体を動かし不快な症状が起こらないようにリフレッシュしましょう。
(廣田・村越)
  2017 / 5 / 28
徐々に夏日が増えてきましたね。
毎年、熱中症で搬送された方も多くいると話題になります。予防としては、水分補給ですが、塩分も同時に補給しないといけないので手軽なスポーツドリンクが良いですね。熱中症予防には水分補給は不可欠ですが、緑茶やウーロン茶にはカフェイン・糖分を多く含む為過剰摂取は避けた方が良いです。
★熱中症予防には、5大栄養素をまんべんなく摂取するバランスのとれた食事が良いです。軽い食事で済ませていると、体力が低下して暑さへの抵抗力が低くなってしまうので、しっかり食べるようにして下さい。夏の旬の食材は、体を冷やし、食欲を増進させる働きを持つ物が多いので、旬の物(疲労回復を促すビタミンB1やクエン酸・汗で失ってしまうカリウム等を含む食材)を積極的に食べるのがオススメです。
まだ5月だから大丈夫…と思いがちですが十分注意して下さい。
(廣田)
  2017 / 4 / 29
ゴールデンウィーク期間中の休業につきまして

4月29日(土)
5月3日(水)4日(木)5日(金)

につきましては業務をお休みさせていただきます。

お休み中のお問合せなどは翌日より対応させていただきます。 ご了承ください。